あいさつ

故・小澤正子

劇団ちろりんあゆみ

劇団ちろりんは、1953年に東京にて創立し、今年で63年になります。
初期の10年余は開局まもないNHKTVに迎えられ「チロリン村とくるみの木」「ガァガァクラブ」などTV中心の活動でした。その後「チロリン村−」放映終了後、1965年に鎌倉にスタジオを移し、幼稚園、保育園を中心とした全国巡回活動を展開しました。保育に携わる方々の深いご理解のもとに、保育の一貫として年間のカリキュラムに組みこまれるまでに定着し、今日に至っております。
これまでの作品数は、およそ150を越え、動員数は550万人を越えました。

芝居づくりへの思い

豊かな「想像力」、その中から生まれる「思いやりの心」、自分以外の人間や物に、興味と理解する力を持つという最も基本的で大切なことを幼児期に育み、私たち大人にも共に根付かせたい・・・、この思いが芝居づくりの第一歩です。
芝居を通してこどもたちの感覚や心に残った記憶は、小さな種となって、いつか確かな花や実をつけるにちがいありません。
それを願い、今日も、全国を巡演しております。

劇団概要

創立年月日 1953年1月25日
構成員 10名
代表者 秦 裕史