「ちびくろサンボ」より スタタのさんぽ

脚本・演出/ 秦裕史
美術/ 田中悦子
大石久美江
音楽/ 佐藤安男
「スタタのさんぽ」より

インドで生まれたユーモラスな絵物語を人形劇で

イギリスのヘレン・バンナーマン原作の「ちびくろサンボ」は、インドで生まれた絵物語です。仲間げんかをはじめたトラたちが木のまわりをグルグルまわってバターになり、そのバターでホットケーキを焼く。
それはなんともユニークで、世界中のこどもたちをとりこにしました。絵本の中からプーンとおいしそうな匂いまでただよってくるようでした。
一時「黒人に対する人種差別」を理由に絶版となってしまいましたが、2005年、その内容が見直され、復刊されました。

ちろりんは、このお話を「スタタのさんぽ」として人形劇の舞台にのせてみました。愛くるしい少年スタタ、次々登場するジャングルの動物たちのおもしろさ、軽快な音楽、そしてユーモラスな結末、魅力いっぱいの世界をどうぞお楽しみください。

《併演作品》

三つの小さな歌ものがたり

構成・演出/ 鷲嵜ひとみ
美術/ 西山京子
「三つの小さな歌ものがたり」より 「三つの小さな歌ものがたり」より

こどもたちにはもうおなじみの曲ですが、どんな曲かはお楽しみです。音楽にあわせてにぎやかに、人形達が踊ったり遊んだり‥‥。
せりふはありません。その分、想像力がふくらむことでしょう。

人形達の世界をそっとのぞいているような不思議な時間をあじわっていただけたらと思います。